当事者を支える

~生きるエネルギーが充ちていく活動~

昼間の居場所

精神科に通院している当事者を対象とした日中活動の場です。ここでは、仲間だから語り合えるミーティングや、共に作業することを通じて、自分の病や、人生とむきあっています。また、毎日ランチを作り、一緒に食べるなど、日々の生活を整える場にもなっています。

◆むくどりの家(1982~)

地域活動支援センター(精神障害者作業所型)
〒241-0005 横浜市旭区白根2-25-39 ☎045-955-4046

photo1phoro2 phoro3

みどり豊かな白根公園の近くに位置し、ゆったりと流れる時間の中で仲間と出会い、それぞれの想いをわかちあえる場をめざしています。季節を生活に取り入れることや、地域とのつながりも大切にしています。ここでどんなことをやりたいかはみんなで話し合って決めています。

活動内容

  • 手織り(SAORI)
  • 文具・雑貨づくり
  • 畑/園芸
  • 印刷
  • ウェルカムデイ(地域交流イベント)
  • 季節の食品づくり(味噌、ルバーブジャム、らっきょう甘酢漬けなど)
  • ミーティング
  • むくどりの時間(想いをわかちあう時間)
  • レクリエーション(映画、スポーツなど)
  • 旅行、合宿、研修

◆木楽舎(1995~)

地域活動支援センター(精神障害者作業所型)
〒241-0022 横浜市旭区鶴ヶ峰2-9-9第2大幸ビル301 ☎045-952-3769

phoro4phoro5
鶴ヶ峰バスターミナル近くの坂の途中に木楽舎はあります。にぎやかな中にも、笑いのたえないアットホームなところです。多彩な通所目的のある人たちが自由に過ごしています。

活動内容

  • 喫茶「ゆいまーる」(水~金営業)
    コーヒーなどの飲物、クッキー・ケーキづくりや接客等の業務
  • レクリエーション

◆二俣川ハウス(2011~)

〒241-0022 横浜市旭区中沢1-45-13 

photo62 phoro72 phoro82
二俣川駅北口の商店街を抜け10分。住宅地の一軒家です。フリースペースなどを開催しています。地域との交流イベントなどを当事者、一般市民、家族、援助職などいろんな立場の人が「支える・支えられる」関係ではなく「持ちつ持たれつ」「お互い様」の関わりで、お互い力を出し合い、支え合いながら運営を担い活動しています。

活動内容

  • フリースペース「お茶の間」(毎週月曜 2~6PM)
  • ブックカフェ(第1・2水曜、第3・4木曜 11AM~4PM)
  • ほっこり~地域さろん(月2回金曜 11AM~4PM)
  • リサイクルバザー(不定期) など

夕方の居場所

◆夕食会(1995~)

photo10「旭区地域生活支援拠点 ほっとぽっと」を会場に毎週金曜日に共同で実施しています。
季節感あふれる家庭料理を、“おふくろの味”で提供しています。
どの人も自分の家にいるようなくつろぎを感じてもらいたいと願っています。
参加費350円 要電話予約(当日15時まで)045-953-6727/ほっとぽっと
→今月と来月の夕食会メニューはこちら

働く場

◆就労支援(2000~)

photo11個人で就労契約を結ぶのは不安があるが、働きたいというメンバーの気持ちに応え、木々の会が契約を結んでいます。メンバーとパートナーで就労グループをつくり、助け合いながら作業をしています。

  • 生協白根店でのカゴ、カート、リサイクル品の整理整頓とトイレ清掃
  • マンションの外回りの清掃

厚生労働省は2011年に、「精神疾患」を「がん」、「脳卒中」、「心臓病」、「糖尿病」と共に、「5大疾病」と位置づけました。“こころの病”はとても身近な病気です